本を売る際にチェックしたい高く売るコツ

必要のない本を売りたいなと思っている方いらっしゃいますか?どうせなら高く売りたいですよね。 - カビのついた本は買ってもらえません

カビのついた本は買ってもらえません

日当たりの悪いじめじめした部屋で保管していた本には
カビが発生してしまいます。
カビについては、見た目ももちろん良くない上
衛生上の問題もあり、買取がしてもらえないことも多くあります。
売りに出した本がこうしたカビによって値段がつけてもらえないということがないように
なるべく高く買ってもらえるように、本に付いたカビを除去する方法を紹介していきます。

 カビの除去にはエタノール

カビの胞子は人体にも影響を与えます。
締め切った部屋でカビ取りを行うのは危険です。
よって、部屋で行う時は換気を行い、晴れた日は外の日陰に持って行き
除去作業を行いましょう。
使うものは、エタノールです。
エタノールにも、無水エタノールと消毒用エタノールがありますが
無水エタノールは水を含まず、消毒用エタノールは約30%ほど水を含みます。
紙に浸透してカビの殺菌に期待できるのは、水分を含む消毒用エタノールです。
消毒用エタノールをキッチンペーパーに含ませて本のカビがある部分を拭き取ります。
拭き方は、往復するといっそうカビを広げるだけですので
一方方向に吹き上げます。
紙の色が変色したりしないか確認するためにも、最初は文字などがついていない
小さなカビの部分で行っていくことをおすすめします。
そして、きれいに拭き取った部分を掃除機で吸い取りますが
卓上用の小型掃除機があればやりやすいでしょう。

 本のカビを防止する

カビの済みにくい環境をつくるにはどうしたらいいのでしょうか。
カビは根絶は難しいですが、減らしていくことはできます。
カビは普通20℃から30℃の高温の所と、湿度80%の多湿条件下で繁殖していきます。
ですので、高温になる所での保管は避け、なるべく涼しく風通りの良いところで保管をしてください。
普段から本棚の清掃を行うとカビが発生しにくくなります。
カビを除去してなるべく本に高付加価値がつくようにやってみてはいかがでしょうか。

関連する記事